ライブラリ参考

大部分のプログラミング開発プラットフォーム同様、86Duinoはライブラリの拡張機能を引用することが可能である。ライブラリは標準APIにおいてハードウェア及びレベルアップデータ操作能力を提供し、86Duino Coding IDEにおいて、私たちはすでに様々な重要なライブラリを内蔵しており、所要のArduino 標準ライブラリ及び86Duino特殊ハードウェア機能のライブラリも使用することが可能である。

この他、ユーザーはその他の愛好家及びメーカーが提供する第三のライブラリをダウンロードすることも可能であり、ひいては、自分で作り上げたライブラリを使用することすら可能である。第三のライブラリインストール方法についてはこの文章を参考願いたい。この基礎教学も参考可能である;更に興味を得た方は、Arduino正規ホームページが提供するArduino ブランドの API 教学を参考すること。

ライブラリ参考:

内蔵する Arduino 標準ライブラリ

  • EEPROM – “常駐性”をコーディングし 装置を保存
  • Ethernet – ネットワーク接続
  • Firmata – 標準シリアル協定及びパソコン上の応用プログラミング通信を使用
  • GSM – Arduino GSM shield拡張版に接続
  • LiquidCrystal – liquid crystal ディスプレイ(LCDs)コントロール
  • SD – SD カードコーディング
  • Servo – RC サーバコントロール
  • SPI – SPI Bus 上の装置取得
  • SoftwareSerial – ソフトウェアによるデジタルI/Oピン上のシリアル通信実作
  • Stepper – モータコントロール
  • TFT – Arduino TFT screen操作
  • WiFi – Arduino WiFi shield拡張ボードを通じ無線ラン接続
  • Wire – TWI/I2C Bus上の装置及びセンサ取得

86Duino 専用ライブラリ

  • Encoder – 32ビット高速エンコード/光学スケールインターフェイス取得
  • CANBus – CAN Bus 上の装置取得
  • ROSserial86 – シリアルポート或いはネット伝送を通じROS (Robot Operating System)データ取得
  • Servo86 – レベルアップRCサーバ及びロボット動作コントロールライブラリ
  • AIServo86 – シリアル伝送型サーバ及びロボット動作制御ライブラリ
  • TimerWDT – watchdog 機能操作
  • FirmataPlus86 – 86DuinoにScratchとの接続を許可する

内蔵する(非標準)Arduino ライブラリ

  • AudioArduino Due’s Audio library の移植,ボード上の HD Audio インターフェイス取得
  • USBHostArduino Due’s USBHost library の移植, USB キーボード及及びマウス取得
  • TimerOneArduino TimerOne library の移植, CPU 內部の 32ビットハードウェアタイムレコーダー取得
  • MsTimer2Arduino MsTimer2 library の移植,CPU 內部の第二ハードウェアタイムレコーダー取得
  • Time86Arduino Time library の移植,ボード上に内蔵のRTCクロック取得
  • RTCZeroArduino Zero’s RTC library の移植,ボード上に内蔵された更なる機能RTCクロック取得
  • FreeIMU1 – 提供 FreeIMU library のAPIによる86Duino One内蔵の六軸慣性センサ提供
  • OneWire – Dallas Semiconductor’s 1-wire protocol の装置使用コントロール
  • CapacitiveSensor – デジタルI/Oピン上に電気感知機能提供
  • IRremote – 遠赤外線コントローラー
  • Adafruit CC3000 – Adafruit 製作の CC3000 WiFi Shield のサポートライブラリ
  • Adafruit Motor – Adafruit 製作の Motor Shield のサポートライブラリ
  • RGBMatrix – Adafruit 製作のカラー LED のサポートライブラリ
  • UTFT/UTouch – 各種カラー TFT LCDディスプレイ拡張版サポート
  • GLCD – チップにおける各種図形LCDイラストKS0108
  • LCD12864 – ST7920 チップにおける 12864 図形 LCD イラスト
  • TLC5940 – 16チャネルPWMシグナルのTLC5940チップ取得
  • RF12 – RFM12B 無線モジュール取得
  • RF24 – nRF24L01無線モジュール取得
  • Mirf – もう一つのnRF24L01無線モジュールライブラリ
  • VirtualWire – 各種無線発射接続モジュール取得
  • RadioHead – RFM22B 及び RFM69 等各種無線発射接続モジュール取得
  • o その他同期する 86Duino の Arduino 第三方ライブラリはこの表を参考。

C/C++ 標準ライブラリ使用

86DuinoはDJGPPをエンコードとする為、86Duinoプログラミングにおいて所要のDJGPPが提供するC/C++ 標準機能を使用することが可能である。DJGPP C Library Referenceを参考にし、あなたが使用する完全なライブラリ表を理解していただきたい。


ファイルの修正や提案については、フォーラムに投稿してください。。

The text of the 86Duino reference is a modification of the Arduino reference, and is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License. Code samples in the reference are released into the public domain.